下腹部の疝痛が主訴となる主な病気には、大腸に憩室が…

もっと読む

下腹部の疝痛が主訴となる主な病気には、大腸に憩室が多発する大腸憩室症、石ができる尿路結石症、難病指定されている潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症や穿孔が起こる急性腹膜炎、卵巣の疾患等がみられるようです。 ハーバード大学医学部の研究によると、普通のコーヒーと比較して1日2杯以上カフェインレスコーヒーに変えると、直腸癌の発病リスクを約5割も減らせたらしい。 消化器科の領域である急性腸炎(acute enteritis)は、大多数が腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しの症状が出る程度で治まりますが、細菌感染が原因の場合は凄まじい腹痛・何度も繰り返す嘔吐・下痢の他に38℃以上の高熱が出るのが違いです。 高齢の人や慢性的な病のある方などは、殊更肺炎を起こしやすくなかなか治らないと言われているので、常日頃から予防する意識や早め早めの治療が重要なのです。 耳鳴りには性質の異なる2種類が存在し、本人しか聞こえないという「自覚的耳鳴り」と、血流の音などのように当事者以外の人にも性能の良いマイクロホンを利用すると感じることができるらしい「他覚的耳鳴り」とがあるのです。 なんとなく「ストレス」というのは、「溜めてはいけない」「取り去らなければいけない」と捉えがちですが、実の所、私たち人は日々ストレスを抱えるからこそ、活動することができています。 明るくない所では光不足のためものを見るのが難しくなりますが、更に瞳孔が開くので、目のレンズのピントを合わせるのに余計なパワーが必要になってしまい、結果的に明るい所でものを眺めるより疲れるのが早くなるのです。 ただの捻挫だろうと自己判断してしまい、湿布を貼って包帯やテーピングで患部を適当に固定し、様子をうかがうのではなく、応急処置が終わったらすぐに整形外科を受診することが、早く根治させる近道となるのです。 学校など大勢での集団行動に於いて、花粉症の為に皆と同様に明るく走り回ることができないのは、当事者にとっても腹の立つことです。 もしも検査で実際にエストロゲン・ゲスターゲンの分泌量が少なくてPOF(Premature Ovarian Failure)だと判明した場合、足りない女性ホルモンを補てんする治療で緩和が期待できます。 ポリフェノールで最も有名な特徴は水溶性のL-アスコルビン酸(ビタミンC)やV.E.(ビタミンE)などとは違っており、細胞の間の水溶性部分に脂溶性部分、そして細胞膜でも酸化を遅れさせる効果に優れています。 素人が外から眺めただけでは折ったのかどうか判別できない時は、怪我をしたところの骨を優しく指で触れてみてください。その部分に強い痛みが響けば骨折の疑いがあります。 汗疱状湿疹(汗疱)とは掌や足裏、または指と指の隙間などにプツプツとした細かな水疱が現れる病気で、基本的にはあせもと言われ、足の裏に出てくると水虫と思い込まれるケースもままあります。 吐血と喀血はどちらも口からの出血に変わりはありませんが、喀血というものは咽頭から肺を通る気道(呼吸器…respiratory system)から出血する症状で、吐血は無腸間膜小腸より上にある食道などの消化管から血が出る状態を表します。 ばい菌やウィルスなど病気を導く微生物が肺へ入り込んで罹患し、肺の内部が炎症を起こしてしまっている状況を「肺炎」と呼ぶのです。 ... Read More

学校のような大規模な集団行動をする時に花粉症の症状…

もっと読む

学校のような大規模な集団行動をする時に花粉症の症状が主因で皆と同時に明るく行動できないのは、子どもにとっても寂しい事でしょう。 日々の折り目正しい日常生活、腹八分目の徹底、楽しい運動や体操など、アナログとも思える体に対する注意が皮ふの老化防止にも関係するということです。 HIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスを持っている血液や精液、唾液、母乳、腟分泌液等の様々な体液が、乳飲み子等の傷口や粘膜部分などに触れることにより、HIV感染のリスクがあります。 眩暈がなく、しつこく不快な耳鳴りと低音域の難聴の症状のみを何度も繰り返すパターンのことを区分けして「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メニエル)病」という病名で診断する事がよくあります。 UV-Bは、UV-Aに比べて波長が短いという特性があるので大気中に存在するオゾン層で一部が吸収されるのですが、地表まで届いたUV-Bは皮膚の表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸(DNA)を傷つけたりして、皮膚に悪い影響を与えることになります。 常日頃から肘をついて横向きになったままテレビ画面を見ていたり、頬に頬杖をついたり、かかとの高い靴等を毎日のように履いたりというようなことは体の上下左右の均衡を乱れさせてしまう大きな誘因になります。 「とにかく忙しい」「わずらわしい様々なお付き合いが嫌」「技術やインフォメーションのめざましい高度化に追いつけない」など、ストレスを受けてしまうシーンは人によって異なるようです。 大体は水虫といえば足を想像し、こと足の裏にできる皮膚病だと思われがちですが、白癬菌が感染する部位は足に限定されているわけではなく、人の体ならどこにでもかかる恐れがあります。 高齢化による耳の聞こえ辛さではじわじわと聴力が低下していくものの、大体は60歳を超えてからでないと聴力の衰えをはっきり認識できないものです。 吐血と喀血、両方とも口腔からの出血ですが、喀血とは喉から肺を通っている気道(きどう、呼吸器のひとつ)から血が出ることで、吐血の方は無腸間膜小腸よりも上にある消化管から血が出る状態を表します。 普通では骨折しない位のごく僅かな圧力でも、骨のある定まったエリアだけに複数回にわたり持続的にかかってしまうことにより、骨折に至ることがあるので注意しなければいけません。 くしゃみ、鼻水、鼻詰まりに目の掻痒感・ゴロゴロするような感じなどの花粉症の嫌な症状は、アレルギーの原因物質となる花粉の放出される量に追従して悪くなってしまうという傾向があると知られています。 乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、これまでの生ワクチンにかわる新しい手段として、平成24年9月より原則無料で接種することができる定期接種になり、病院などで個々に受けるスケジュール管理の必要な個別接種のスタイル 急性腸炎(acute enteritis)は、その大半が腹痛・悪心・嘔吐・腹下しを伴う位で済みますが、細菌感染による急性腸炎の場合は酷い腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・下痢と同時に38℃以上の高い発熱が通例です。 3つのアミノ酸から成るグルタチオン(GSH)は、細胞の機能を低下させたり変異を誘引する害のある物質を身体の中で解毒し、肝臓の役割を促す働きが認識されています。 ... Read More

にパソコンのモニターに釘付けになってしまい、眉間に…

もっと読む

無意識にパソコンのモニターに釘付けになってしまい、眉間に縦ジワを作り、さらに口角の下がったへの字(因みに私はこの形を別称「富士山ぐち」と言っています)をしていませんか?これはお肌にとって最悪です。 審美歯科(しんびしか)とは、美しさに主眼を置いた総合的な歯科医療分野のひとつ。歯の存在意義には咀嚼などの機能面と表情を明るくみせるなど審美的な一面があり、2つとも健康においては大切な要素だと考えられる。 化粧の短所:涙が出てしまうとあたかも阿修羅のような恐ろしい形相になる。ほんの少し多くなると下品になってしまい地雷になってしまう。顔の造りをごかますのにも骨が折れること。 ネイルケア(nail care)というのは、爪や指先のお手入れ全般を指す言葉。ヘルスケア、ビューティー、皮膚科の医療行為、生活の質の保全というような色々な捉え方があり、もはやネイルケアは一つの確立された分野となっているのは自明の理である。 メイクの短所:皮膚への影響。毎日するのは面倒くさくてたまらない。化粧品を買う費用がやたらとかさむ。物理的刺激で肌が荒れる。何度もメイク直しやメイクをするので時間の無駄遣いをしていると感じる。 明治時代の末期、異国から帰ってきた女たちが、洋髪、洋風のファッション、洋式の新しい化粧品・美顔術などを紹介した結果、これらをひっくるめた言葉として、美容がけわいに替わって使われるようになったのだ。 尿素(urea)の溶けた水とグリセリンにヒアルロン酸を添加した美肌水は皮ふに優しく、ドライスキンの方に効果的です。防腐剤や香料等使用していないため、肌の敏感な方でも使用できるのが特長です。 例を挙げれば…今、パソコンを見つめながら頬杖をついているのではありませんか?実はこれは手の力を最大限にほっぺたに与えて、繊細な皮膚に余計な負荷をかけることになります。 何はともあれ乾燥肌が生活や環境に深く関係しているのであれば、毎日の些細な癖に注意さえすればほぼ乾燥肌のトラブルは解決するでしょう。 動かずに硬直していては血行が滞りがちです。すると、目の下の辺りを始め顔中の筋肉の力が衰退します。そこで顔全体の筋肉もしっかりとストレッチをして、たまに緊張をほぐしてあげることをお勧めします。 よく聞くピーリングとは、時間の経ってしまった角質層を専用化粧品などでピール(peel: はぎ取るの意味)し、まだ若いきれいな角質層に入れ替えて、ターンオーバーを正常化する人気の美容法です。 乾燥による痒みの誘因の殆どは、老化に伴う角質の細胞間脂質と皮脂の量の低減や、ボディソープなどの過度の使用による皮膚のバリヤー機能の低落によってもたらされます。 細胞が分裂する活動を活性化して、肌を生まれ変わらせる成長ホルモンは昼間の勉強などの活動している際にはほぼ出なくて、夜にゆっくりと身体を休め寛いだ状態で分泌されます。 老けて見える顔のたるみは老廃物や余分な脂肪が滞留することで悪化します。リンパの流れが悪くなると色々な老廃物が溜まり、浮腫んだり、余った脂肪が付きやすくなり、たるみの要因になります。 頭皮は顔の肌に繋がっており、額まではスカルプに等しいものだとみなすことはさほど知られていません。老化に伴い頭皮が弛むと、その下にある顔の弛みの要因となります。 ... Read More