原因は色々ありますが、気圧など気候による作用もある…

もっと読む

浮腫む原因は色々ありますが、気圧など気候による作用もあるということをご存知ですか。30℃近い気温になって大量の水分を摂り、汗をかく、夏にこそ浮腫みの原因があります。 加齢印象を高めてしまう最も大きな要因のひとつが、歯にこびりついた”蓄積くすみ”です。一見ツルツルしている歯の表層には、見えないくらい小さなデコボコがあり、生活の中で黄色っぽい着色やヤニなどの汚れが固着していきます。 クマを消したいと対策を講じて自己流マッサージをしてしまう方もいますが、目の下の表皮は敏感なので、ゴシゴシとこするように指を動かすだけの乱暴なフェイシャルマッサージは悪影響をもたらしかねません。 尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerine)にヒアルロン酸を混ぜている美肌水は保湿力が高いため皮膚に優しく、お肌が乾燥しやすい人におすすめの化粧水です。防腐剤や芳香剤等の余分な成分を加えておらず、お肌の敏感な人でもご使用いただけるのが特長です。 ことさら寝る前の歯みがきは大事。溜まっているくすみを除去するため、寝る前は丁寧に歯磨きしましょう。しかし、歯磨きは何回も行えば良いというものではなく、内容のクオリティを上げることが肝要です。 内臓が健康か否かを数値で測ることのできる素晴らしい機械があります。『ノイロメーター』という名前を持った機械で、人の自律神経の状況を調査することで、内臓の具合を確認しようという便利なものです。 スカルプは顔の肌につながっているため、おでこも頭皮と同じものだと捉えるのをあなたはご存知でしょうか。年齢を重ねるにつれて頭皮が弛んでくると、その下にある顔のたるみの要因となります。 日本での美容外科の変遷の中で、美容外科が「正しい医療」であるとの認識を手に入れるまでには、想像以上に長くかかった。 現代社会を生きる私たちは、毎日毎日体の中に蓄積されていくという深刻な毒素を、たくさんのデトックス法を用いて体外へ追い出し、藁にも縋る想いで健康な体を手中に収めようと皆躍起になっている。 下半身は心臓から離れた位置にあるため、重力の影響でリンパ液の循環が滞留するのが通常だ。むしろ下半身にみられるむくみは、リンパ液がわずかに停滞していますよというサインのひとつ程度に捉えたほうがよい。 夕方でもないのに普段むくまないはずの顔や手に酷いむくみが見られた、しっかり眠っているのに脚の浮腫が取れない、などの症状は疾患が関係しれいる恐れがあるのでかかりつけ医の迅速な治療が必要でしょう。 湿疹などに悩まされるアトピー性皮膚炎の主因としては、1.腸内や表皮、肺、口腔内などの細菌叢、2.遺伝、3.栄養面でのトラブル、4.環境面での要素、5.それ以外の意見などが主に挙げられている。 美容誌においてさもリンパの滞りの代名詞のような扱いで表現される「浮腫」には2つに大別して、体内に潜伏している病気によるむくみと、何も病気を持っていない健康な人でもみられるむくみがあるらしい。 長時間にわたって紫外線を浴びたときに極力ダメージを小さくする方法を3つ伝授します。1.日焼けした場所を水で冷やす2.たくさん化粧水をはたいて潤いを保つ3.シミを防ぐためにめくれてきた皮をむいてはいけないのでそのままにしておく 美容目的で美容外科の手術をおこなったことに対し、恥だという感覚を抱く人も少なくないので、施術を受けた方の名誉とプライバシーを損ねないように工夫が必要だ。 ... Read More

トニングというのは、メラニン色素の沈着が少ない、ワ…

もっと読む

ホワイトニングというのは、メラニン色素の沈着が少ない、ワンランク上の白い肌を重視した美容上の哲学、あるいはこのような状態の皮ふそのものを言う。主に顔面の肌について使われる言葉である。 お肌の奥底で作られた肌細胞はじわじわと肌の表面へと移動し、しばらくすると皮ふの表面の角質層となって、約4週間経てばはがれ落ちます。このサイクルが新陳代謝というわけです。 美容外科というのは、正統な外科学のジャンルで、医療中心の形成外科学(plastic and reconstructive surgery、plastic…形を作る、reconstructive…復元する)とは異なっている。また、整形外科学(orthopedic surgery)とも混同されることがよくあるがこれはまったく異なる分野のものである。 アトピー要因:家族の病歴と次の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)のうち何れか、若しくは2つ以上)、IgE 抗体を生み出しやすい因子、など。 頭皮のお手入れは一般的にスカルプケアとも称されています。頭皮は髪の毛の困り事の代表である「脱毛」「薄毛」などに密接に関係していると同時に、フェイスラインのたるみなどにも影響を及ぼしているのです。 湿疹や掻痒が特徴のアトピーとは「場所が特定されていない」という意味のアトポスというギリシャ語が由来で、「遺伝的な素因を持つ人のみに見られる即時型アレルギーによる病気」を指して名付けられたと考えられている。 例を挙げれば…あなたは今、パソコンを眺めながら頬杖をついているのでは?この行為は手の平の圧力を目一杯頬へ与えて、皮膚に対して負荷をかけることに繋がっているのです。 早寝早起きと同時に週に2、3回楽しくなる事を続ければ、健康の度合いは上がると言われています。このようなことがあり得るので、アトピー性皮膚炎にお困りの人は皮ふ科の医院を受診しましょう。 例えるなら…あなたは今、パソコンを眺めつつ頬杖をついてはいませんか?実はこのクセは手の平の圧力を最大限にほっぺたに伝えて、皮膚に余計な負担をかけることに繋がっているのです。 目の下に弛みが出現すると、誰しもが実際の年齢よりだいぶ上に映ります。顔面の弛みは多くありますが、中でも目の下は一番目立つエリアです。 さらに挙げると、肌の弛みに大きく影響するのが表情筋。色々な表情をするたびに伸び縮みする顔に張り巡らされてる筋肉です。真皮に存在するコラーゲンと同じく、この筋力も年齢を重ねるにつれて鈍くなります。 女性誌においてリンパの滞留の代表格であるかのように書かれている「むくみ」には大別すると、身体に病気が隠れている浮腫と、なにも病気を持っていない人でもみられる浮腫があると言われている。 深夜残業、会社の飲み会、仕事の付き合い、深夜に至るスポーツ観戦・翌日の家族のお弁当作りやご飯の下準備…。お肌が荒れると知ってはいても、本当は理想とされる8時間もの睡眠を取れない方がほとんどではないでしょうか。 メイクアップの利点:メイク後は自分の顔立ちを普段より好きになれる。顔にたくさん点在するニキビ跡・くすみ・毛穴の開き・ソバカス・ひっかき傷等が隠れる。だんだんと美しくなっていく面白さ。 顔の加齢印象を高める主な要因の一つが、歯に固着した”蓄積クスミ”です。一見ツルツルしている歯の表面には、見えない凸凹があり、日常生活の中で茶色っぽい着色や煙草の脂汚れが蓄積しやすくなります。 ... Read More

不快な耳鳴りには当事者にしか聞こえないと言われる「…

もっと読む

不快な耳鳴りには当事者にしか聞こえないと言われる「自覚的耳鳴り」と、血流の音のように当事者に加えて他の人にも高性能のマイクロホンなどを使用したりすると感じることができるという「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が変わります。 体を動かすのに必要なエネルギー源として速攻で役立つ糖質、細胞の新陳代謝に必ず要るタンパク質など、行き過ぎたダイエットではこんな活動をキープするために欠かすことのできない要素までもを欠乏させる。 HIVを持っている精液や血液の他、唾液、母乳、腟分泌液等の様々な体液が、交渉相手等の傷口や粘膜等に触れると、HIV感染の危険性があります。 うす暗い場所では光量不足のためものが見えづらくなりますが、さらに瞳孔が開いてしまうため、眼のピントを合わせるのに余計なパワーが使用され、結果的に光の入る場所で物を眺めるより疲れるのが早くなるといえます。 食事をするときは、食べようと考えた物を気軽に口へ運んで何度か噛んで嚥下して終わりだが、その後も体は実にまめに動き食物を人体に取り込むように励んでいるのだ。 ヒトの耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3か所に分類することができますが、中耳の近くに黴菌やウィルスがくっ付いて炎症ができたり、液体が溜まる病気を中耳炎と言うのです。 汗疱(汗疱状湿疹)とは主に手のひらや足の裏、又は指の隙間などにちっちゃな水疱がみられる症状で、通俗的には汗疹(あせも)と言われており、足の裏に現れると足水虫と思い込まれる場合もままあります。 インキンタムシ(陰金田虫)という病気は20代~30代の比較的若い男性に症例が多く、ほぼ股間部にだけ広がり、走ったり、入浴した後など体が熱くなった時に激しいかゆみに襲われます。 痩せたいあまりにカロリー摂取を抑制する、食べる量を落とす、等の暮らしのスタイルがひいては栄養までもを不足させ、深刻な四肢の冷えをもたらしていることは、多くの医師が危惧されていることです。 チェルノブイリ原発の事故に関するその後の後追い調査のデータでは、大人よりも体の小さい未成年のほうが風に流されてきた放射能の有害な影響を受けやすくなっていることが読み取れます。 チアミン不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、主に手や脚が麻痺したり下肢の浮腫などが典型で、発症から時間が経ってしまうと、最も深刻なケースでは呼吸困難に至る心不全などを誘発する可能性があるようです。 くしゃみや鼻水、鼻づまりに目のかゆみ・異物が入っているような感覚などの花粉症の諸症状は、アレルギーを起こす花粉の放出される量に沿って悪化してしまうデータがあると知られています。 塩分と脂肪の大量摂取はやめて軽い運動に努め、ストレスを溜めすぎないような生活を意識することが狭心症を誘引する動脈硬化を予め予防する方法です。 素人判断では骨折しているのかどうか分からない時は、痛めてしまった部分にある骨をゆっくり触ってみてください。もしその位置に強烈な痛みがあれば骨折かもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。 ポリフェノールで最も有名な長所はV.C.(ビタミンC)や脂溶性のトコフェロール(ビタミンE)異なっており、細胞の間の水溶性部分に脂溶性部分、更には細胞膜でも酸化を防ぐ作用に優れているのです。 ... Read More

むねやけが特徴の逆流性食道炎は、食事の欧米化やタバ…

もっと読む

むねやけが特徴の逆流性食道炎は、食事の欧米化やタバコを吸う事・嗜好品・体重過多等の生活習慣の質の低下、ストレスに縁って、こと日本人に増えつつある病気の一種です。 吐血と喀血、いずれも口からの出血に変わりはありませんが、喀血というものは喉から肺に達している気道(呼吸器…respiratory system)から出血することで、吐血は十二指腸より上にある食道などの消化管からの出血のことを表します。 悪性の腫瘍である女性の卵巣がんは、正常なら体をガンから守る役目を果たす物質を創造するための鋳型ともいえる遺伝子の異常が引き金となりかかってしまう病気だと言われています。 ちょっとした捻挫と勝手に決め込んで、湿布を貼って包帯やテーピングなどでとりあえず患部を固定し、様子をうかがうよりも、応急処置を施した後一刻も早く整形外科医に診察してもらうことが、根治への近道に繋がります。 お酒に含まれるアルコールを無毒化する効果のあるナイアシンは、不快な宿酔に効く成分です。辛い宿酔の誘因物質といわれるエチルアルデヒ(アセトアルデヒド)という化学物質の分解にも携わっているのです。 「体脂肪率」というものは、身体のなかの脂肪の占有する割合を指し、「体脂肪率(body fat percentage、%)=体脂肪の量(キログラム)÷体重(body weight、キログラム)×100」という計算式によって把握できます。 素人が外から見ただけでは骨折したのかどうかよく分からない時は、負傷してしまった所の骨を優しく触ってみて、そのポイントに激しい痛みが響けば恐らく骨折だと思われます。 日々繰り返される規則正しい暮らし、腹八分目を志すこと、持続可能なスポーツや体操など、アナログともいえる体についての取り組みが皮膚の老化防止にも活用されるといえます。 脂漏性皮膚炎というのは皮脂分泌の異常が主因で起こる発疹で、皮脂分泌の異常の因子としては性ステロイドホルモンの不均衡やナイアシンなどビタミンBコンプレックスの慢性的な不足等が注目されているのです。 エネルギーの源としてすぐに役立つ糖、新陳代謝に必要な蛋白質など、激しいダイエットではこういった体をキープするために絶対必要な栄養成分までもを減らしてしまう。 クシャミや鼻みず、鼻づまりや目の掻痒感・ゴロゴロする異物感などの花粉症の代表的な諸症状は、アレルギーの原因となる花粉の放出量に追従するかのように悪くなる特徴があると言われています。 もしも血液検査で残念ながら卵胞ホルモン・黄体ホルモンの分泌量が少なくて早期閉経だと分かったら、不足分の女性ホルモンを足してあげる処置で緩和できます。 AED(Automated External Defibrillator)とは医療資格を持たない人でも利用する事のできる医療機器で、機器本体から発せられる音声ガイダンスに沿ってケアすることで、心臓の心室細動の緊急処置の効果を患者にもたらします。 日本における結核対策は、昭和26年に制定された「結核予防法」にならっておこなわれてきましたが、平成19年から異なる感染症と一括りにして「感染症法」に沿って実行されることに決定しました。 フィトケミカル(phytochemical)のひとつであるスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれる有機硫黄化合物が、肝臓に存在する解毒酵素自体の生産活動を促進しているかもしれないという事実が見えてきました。 ... Read More

できれいな歯を維持するには、歯の表面だけでなく歯間…

もっと読む

健康的できれいな歯を維持するには、歯の表面だけでなく歯間も丁寧に磨くことを忘れずに。キメ細やかな泡立ちの歯磨き粉とソフトなブラシを選んで、ゆっくりとケアをするようにしましょう。 健康的で輝かしい歯をキープするためには、歯を1本1本丁寧に磨くことが大切。クリーミィな泡立ちの歯ミガキ粉と毛先の口当たりが優しい歯ブラシを選んで、じっくりとケアをすることが理想的です。 美白という美容法は95年から99年頃に美容家で化粧品会社創業者の鈴木その子が推奨して人気になったのは記憶に新しいが、もっと昔からメラニン色素の増加が原因の様々な肌トラブル対策のことばとして活用されていたようだ。 唇の両端、すなわち口角がへの字型に下がっていると、皮膚のたるみは少しずつ進行していきます。しっかりと唇の両端を持ち上げた笑顔を心がければ、たるみも防げるし、何より見た目が美しいと思います。 日中なのに、いつもは浮腫まないはずの顔や手にむくみが見られた、よく眠っているのに脚の浮腫が取れない、などの場合は疾患が潜んでいる可能性があるので専門医の迅速な診察を直ぐ受けなければなりません。 大体は慢性に移るが、最適な治療のおかげで病気が治められた状況に置かれると、自然に治ることも望める疾患なので諦めてはいけない。 スカルプの具合が悪化してしまう前に丁寧なケアをして、健康なコンディションを維持したほうがよいでしょう。状況が悪くなってから気を付けても、改善に時間を要し、お金はもちろん手間もかかります。 トレチノイン酸(オールトランスレチノイン酸)治療は、頑固な色素の強いシミを数週間単位で淡色に見せるのにいたって適した治療法で、中年以降にみられる老人性色素斑・レーザー照射の効かない炎症後色素沈着・30~40代の女性に多い肝斑(かんぱん)・赤く残ってしまったニキビ跡などに用いられます。 常時爪の健康状態に気を付ければ、見逃しそうな爪の異常や身体の変化に気を配って、より自分に見合ったネイルケアを実行することができるはずだ。 辛い湿疹や掻痒が出るアトピー性皮膚炎の要因としては、1.腸内や表皮、肺、口腔内などによるフローラ(細菌叢)、2.遺伝的な因子、3.栄養面での要因、4.住環境、5.これ以外の見解などが現在は主流だ。 押すと戻る皮ふのハリ。これを生み出しているのは、サプリメントでおなじみのコラーゲン、つまりはタンパク質です。バネのようなコラーゲンが十分に肌を下支えしていれば、タルミとは無縁でいられるのです。 あなたには、自分自身の内臓は元気だと言えるだけの自信がおありでしょうか?“ダイエットできない”“すぐに肌が荒れる”などの美容のお悩みにも、意外なことに内臓の動きが関わっています! デトックスというワード自体は既に浸透しているが、これはあくまでも「健康法」や「代替医療」のひとつに過ぎないもので、医師が施す治療行為とは別物だと知っている人は意外なまでに少ないようだ。 明治末、外国帰りの女性たちが、洋髪、洋風の服、洋風の新しい化粧品や化粧道具、美顔術などを日本に紹介し、これらを総称する語彙のひとつとして、美容がけわいの代替えとして扱われるようになった。 身体中にあるリンパ管と並行するようにして移動している血液の巡りが鈍くなってしまうと、様々な栄養や酸素がうまく運ばれず、結果として脂肪を溜めさせる元凶となります。 ... Read More

アップではアザなどを隠す行為に重きを置かず、メイク…

もっと読む

メイクアップではアザなどを隠す行為に重きを置かず、メイクを介して結果的には患者さん自身が自分の容姿を受容して、復職など社会復帰すること、かつQOL(クオリティーオブライフ)をもっと高めることを目的としています。 加齢印象を高くする最大の誘因のひとつが、歯に付着した”蓄積くすみ”です。歯の外側には、目には見えない凹凸があり、暮らしの中でコーヒーなどによる着色や食物カスの汚れが付きやすくなっています。 更に日々の生活のストレスで、精神にまで毒物は山のように蓄積してしまい、同時に身体の不具合も引き寄せる。このような「心身ともに毒まみれ」というような意識が、多くの現代人をデトックスに駆り立ててやまない。 浮腫む要因は多く考えられますが、気温など季節の働きもあるって聞いたことはありませんか。気温が上昇して水分を多く摂り、汗をかく、夏に浮腫みになる因子が隠れているのです。 メイクの良いところ:容貌が向上する。お化粧も嗜みのひとつ。本当の年齢より大人っぽく見せたいという願望を叶えられる(あくまで24才以下に限った話です)。自分自身のイメージを変幻自在に変貌させられる。 ことに22時~深夜2時までの4時間は皮膚のゴールデンタイムと呼ばれており、肌の生まれ変わりがより一層促される時間帯です。この240分の間にベッドに入ることが最も効果の高い肌の美容法だといえます。 よく聞くピーリングとは、老化し役目を終えた要らない皮膚をピール(peel:はぐの意味)することを繰り返して、若くてキメの細かい角質層に入れ替え、ターンオーバーを28日周期に近付けようとする分かりやすい美容法です。 ここ10年で一気に浸透したネイルケアとは、手足の爪の手入れ全般を指す言葉。健康、ビューティー、ファッション、皮膚科の医療行為、生活の質(quality of life=QOL)の保全などありとあらゆる捉え方があり、もはやネイルケアは確立された分野となっているようだ。 現代社会に暮らしている身としては、体の中には人体に良くない影響を与えるケミカルな物質が増え、加えて己の体の中でも老化を促すフリーラジカルなどが次々と生まれていると言われているらしい。 指で押しても元通りになる皮ふの弾力感。これを生み出しているのは、かの有名なコラーゲン、つまりはタンパク質なのです。バネのようなコラーゲンがきちんとお肌を持ち上げていれば、嫌な弛みとは無関係というわけです。 下まぶたに弛みがある場合、男女関係なく実年齢より上に映ります。皮膚のたるみは色々ありますが、その中でも目の下は特に目につく部位です。 美容成分としても名高いヒアルロン酸はヒトの細胞と細胞の間に多数含まれ、水分維持や緩衝材の役割を担って細胞を護っていますが、年齢を重ねるに従い体内のヒアルロン酸は徐々に減少します。 頭皮は顔のお肌と繋がっており、額まではスカルプと等しいものと捉えるのをあなたは知っていましたか。加齢に従ってスカルプが弛んでくると、顔面の弛みの要因になります。 かつ、お肌のたるみに大きく影響するのが表情筋。これは色んな表情を生む顔の筋肉のことです。真皮に存在するコラーゲンと同様、この筋力も歳をとるにつれて衰えるのです。 美白もしくはホワイトニングとは、メラニン色素の沈着が少ない、より一層白肌を重要視する美容の価値観、もしくはそんな状態の肌そのものを言う。主に顔の皮膚について採用される。 ... Read More

ポリフェノール最大の特長は水溶性であるビタミンCや…

もっと読む

ポリフェノール最大の特長は水溶性であるビタミンCや脂溶性のビタミンEなどとは性質が異なり、細胞間の水溶性部分や脂溶性の部分、細胞膜でも酸化を防ぐ作用があります。 人間の体を維持するのに必要なエネルギーとして瞬時に機能する糖、新陳代謝に絶対欠かせないタンパク質など、行き過ぎたダイエットではこの活動を維持するために絶対に要る栄養成分までもを乏しい状態にする。 天然の化学物質、フィトケミカル(phytochemical)のジャンルに入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている揮発性の有機硫黄化合物について、肝臓から分泌されている解毒酵素の効率的な生産を促進しているかもしれないという可能性が明らかになってきたのです。 内臓脂肪症候群であるとは言われていなくても、内臓脂肪が多めに蓄積してしまう類の悪質な体重過多を持っている事によって、重い生活習慣病に罹患しやすくなります。 AEDというのは医療資格のない人にも取り扱える医療機器で、AED本体からの音声ガイダンスの手順に沿って手当することで、心室細動に対しての応急処置の効き目を発揮してくれます。 BMI(体重指数を計算する式はどの国でも等しく同じですが、数値の評価基準は国ごとに少しずつ違い、一般社団法人日本肥満学会(JASSO)ではBMI22であれば標準体重とし、BMI25以上の場合だと肥満、18.5未満の場合だと低体重と周知しています。 スギの木の花粉が飛ぶ頃に、まだ小さなお子さんが体温はいつも通りなのにしょっちゅうクシャミしたり水のような鼻みずが止まない状態なら、残念ながら杉花粉症の恐れがあります。 脂漏性皮膚炎というのは皮脂の分泌異常により起こる発疹で、皮脂の分泌が乱れる誘因としては男性ホルモンと女性ホルモンの均衡の崩れ、ビタミンBコンプレックスの欠乏等が関わっているのです。 鍼を体に刺す、という直接的な程よい無数の刺激が、神経細胞を活性させて、神経インパルスという名称の電気信号の伝達を起こすのではないかと言われています。 ロックミュージシャンのコンサートの開催されるスペースやディスコなどに置かれた大型スピーカーのすぐ横で大きな音を聞き続けて耳が遠くなってしまうことを「音響外傷」と呼ぶことをご存知でしょうか? 万が一血液検査で事実上エストロゲン・ゲスターゲンの分泌量が基準値を下回っていて早発閉経(そうはつへいけい)だと分かったら、不足している女性ホルモンを補う手当などで改善できます。 目と目を合わせることなどで、本人が猫のことをとても可愛いと感じる時に「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌されて、ストレスを和らげたり癒やしに結びついているのです。 今時の病院のオペ室には、御手洗や専用の器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を用意し、オペ中に患者を撮影できるX線装置を付けるか、付近にレントゲン用の専門室を設置するのが慣例だ。 亜鉛は、DNA(Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質を合成させるために欠かせない特別な酵素や、細胞・組織の活動に関わっている酵素など、約200種類以上もの酵素を構築する要素として非常に重要なミネラルの一つです。 季節性インフルエンザのワクチンでは、膨大な研究によって、予防接種の効果を見通せるのは、注射のおよそ2週間後から約5カ月ほどということが分かりました。 ... Read More

薬、アルコール、色々な食品の添加物などを酵素により…

もっと読む

薬、アルコール、色々な食品の添加物などを酵素により分解して無毒化する働きを解毒(げどく)と称しており、多機能な肝臓が果たす主要な機能のひとつだと言えるでしょう。 近年患者数が増加している花粉症とは、山林のスギやヒノキ、マツ、ブタクサなどの花粉が元凶となり、くしゃみ・頭重感・微熱・鼻づまり・鼻みずなどの不快でゆううつなアレルギー症状を生ずる病気だということができます。 薄暗い所だと光量が不足するので見るのが難しくなりますが、更に瞳孔が開くので、目の水晶体のピントを合わせるのに多くのエネルギーが利用され、明るい場所で物を見るより疲れやすくなるといえます。 男性だけにある内臓の前立腺は働きや成長にアンドロゲン、即ち男性ホルモンがとても密に関連しており、前立腺にできてしまったがんも同様に、アンドロゲンによって肥大化してしまうのです。 クモ膜下出血は80%以上が脳動脈りゅうと言われる脳の血管にできた不要な瘤(コブ)が破れる事が理由となって罹患してしまう死亡率の高い病気だと多くの人が認識しています。 結核の原因となる結核菌は、菌を持っている人がゴホゴホと「咳」をすることによって室内や外気に投げ出され、空中でフワフワ漂っているのを別の人が吸い込むことにより拡がります。 必要な栄養素を万遍なく含んだ食事や体を動かすことは当然のことですが、肉体面と精神面の健康やビューティーを目的とし、特に欲しい栄養を補うために色々なサプリを飲用する事が普通になっているのです。 常識的には骨折しない程度の弱い圧力でも、骨の決まった部位だけに何度も繰り返し途切れることなくかかることによって、骨折が生じることがあるので注意しなければいけません。 「肝機能の悪化」は、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、そしてγ-GTPなど3つの数値によって確認できますが、ここ数年で肝臓の機能が悪化している日本人の数が徐々に増加傾向にあるということが注目されています。 めまいは診られないのに、辛い耳鳴りと難聴を何回も発症するタイプの事を「蝸牛型メニエール(メニエール氏)病」と呼ぶような場合があるということはあまり知られていません。 基礎代謝(Basal Metabolism、BM)とは人間が横たわっていても燃焼するエネルギーのことで、半分以上を骨格筋・一番大きな内臓である肝臓・多量の糖質を消費する脳が使っているということをご存知ですか? ご高齢の方や持病を持っている人は、より肺炎に罹患しやすくなかなか治らないという傾向にあるので、予防に対する意識やスピーディな治療が大事なのです。 チアミン不足が原因の脚気の症状は、主に四肢が何も感じない麻痺状態になったり下肢の浮腫などが一般的で、病状が進行すると、最も重症の場合、呼吸困難に陥る心不全も起こすことがあるようです。 吐血と喀血、いずれも口腔からの出血に変わりはありませんが、喀血は喉から肺に達している気道(きどう、呼吸器のひとつ)から出血することで、吐血は十二指腸よりも上部の消化管から出血する状態を指します。 昨今、若い世代で咳が続く結核(けっかく)に対抗する力の弱い人々が増加傾向にあることや、受診が遅れることが誘因のアウトブレイク・院内感染の発生頻度が高くなっているようです。 ... Read More

エイズとはヒト免疫不全ウイルスの感染が原因となって…

もっと読む

エイズとはヒト免疫不全ウイルスの感染が原因となって起こるウイルス感染症の事で、免疫不全に至り些細なウイルスなどが原因の日和見感染やガンなどを複数発症してしまう症候群そのものの事を総称しているのです。 塩分と脂肪の摂取過多は控えて手ごろな運動に励むだけでなく、ストレスを溜めすぎないような毎日を続けることが狭心症を引き起こす動脈硬化を予め予防する方法だといえます。 悪性の卵巣腫瘍である女性の卵巣がんは、通常なら人の身体をガンから保護する作用を持つ物質を生成するための金型のような遺伝子の不具合が原因で発生してしまう病気だということが分かっています。 むねやけが主訴である逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことに加えてタバコを吸う事・お酒・肥満症等の生活習慣の変化、ストレス等によって、現在日本人に増加しつつある疾患なのです。 ピリドキサミンは、様々なアミノ酸(Amino acid)をクレブス回路と呼ばれるエネルギーの代謝のために欠かせない回路に組み込ませるために更に分解することを助長するという作用もあると言われています。 天然の化学物質、フィトケミカルの一種のスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれる有機硫黄化合物が、肝臓が持つ解毒酵素の機能的な産出活動を促進しているのではないかという事が見えてきたのです。 基礎代謝(Basal Metabolism、BM)とは人間が横になっていても使ってしまうエネルギー量のことであり、そのほとんどを身体中の骨格筋・臓器の中で最も大きな肝臓・頭部の脳で使うとのことです。 BMI(体重指数を求める計算式はどこの国でも一緒ですが、BMI値の位置づけは国単位で少しずつ異なり、JASSOではBMI値22を標準体重、BMI25以上を肥満、18.5未満の場合は低体重と広報しています。 紫外線を浴びると生成されるV.D.は、カルシウムが吸収されるのを促す事で有名であり、血中のカルシウム濃度を調節し、筋繊維の活動を操作したり、骨を作ったりしてくれます。 鍼灸用の針を刺してもらう、という直接的な幾多の刺激は、神経細胞を活性させ、神経インパルスという名称の要は電気信号の伝達を引き起こすと考えられているようです。 アミノ酸の一つであるグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を悪化させたり突然変異を誘発する悪影響を及ぼす有害物質を身体の中で解毒し、肝臓の機能性を促進するような特徴が認識されています。 現在のオペ室には、お手洗いや専用の器械室、準備室を設けさせ、手術中に患者を撮影できるX線装置を設置するか、そうでなければ近辺にレントゲン撮影のための専門室を併設しておくのが一般的である。 急性中耳炎(Acute otitis media)は、最もかかりやすい中耳炎で比較的小さな子供に起こりやすい病気です。強烈な耳の痛みや熱、酷い鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(みみだれ)などの様々な症状が発生します。 お年を召した方や病気を持っている人は、一際肺炎に弱く治りにくいという傾向が見られるので、予防に対する意識やスピーディな手当が必要です。 急性腸炎(acute enteritis)は、その大半が腹痛・悪心・嘔吐・下痢を伴う程度で治まりますが、細菌性の場合は相当ひどい腹痛・何度も繰り返す嘔吐・止まらない下痢と一緒に38度以上の高い発熱が特徴なのです。 ... Read More

肥満(obesity)というのはあくまで摂取する食…

もっと読む

肥満(obesity)というのはあくまで摂取する食物の種類や運動不足などが主因ですが、同じボリュームの食事であったとしても、せっかちに食べ終わる早食いをし続けたならば肥満の状態を招く恐れがあります。 亜鉛は、DNA(Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に働く色々な酵素や、細胞・組織などの活動に深く関係している酵素など、200種類以上もの酵素の構築成分として欠かせないミネラル分なのです。 アルコール、薬、化学調味料を始めとした食品添加物などの物質を分解し、無毒化する働きのことを解毒と称し、多機能な肝臓が担っている主要な働きのひとつだということは間違いありません。 脚気(beriberi)の症状は、主に手足が何も感じない麻痺状態になったり下肢の著しい浮腫みなどがよく見られ、病状が進むと、悲しいかな、呼吸困難に陥る心不全ももたらす可能性があります。 BMI(体格指数)の計算式はどこの国でも共通ですが、値の評価は国家ごとに少しずつ違っていて、(社)日本肥満学会(JASSO)ではBMI22が標準、25以上だと肥満、18.5未満だと低体重と決めています。 予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って使用されてきた生ワクチンにかわり、予防接種法で接種が推奨されている定期接種となることによって、集団接種ではなく病院などで個々に接種する個別接種のスタイルに変わります。 常識的に水虫といえば足をイメージし、ことさら足の裏に現れやすい病気だと勘違いされやすいのですが、白癬菌にかかる場所は決して足しかないわけではなく、体の様々な部位にうつってしまう恐れがあります。 腹部の右上にある肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが多く溜まった脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)は、脳梗塞を代表とするいろいろな病の素因となる可能性があることをご存知でしょうか。 今時の病院のオペ室には、御手洗いや器械室(apparatus room )、手術準備室を設置し、手術中にレントゲン撮影できるX線装置を置くか、そうでなければ付近にレントゲン撮影用の専門室を用意しておくのが一般的である。 加齢が原因の耳の遠さは時間をかけて聴力が低下するものの、普通は還暦を超えないと耳の衰えをきちんと認識できません。 グラスファイバーで作製されるギプスは、丈夫で重くないのに耐久性に優れ、水に濡れてしまっても大丈夫という長所があり、今の日本のギプスの中では第一選択肢と言っても過言ではありません。 むねやけが主訴の逆流性食道炎は、食事の欧米化に加えて煙草を飲む事・アルコール・肥満症等の生活習慣が変化したこと、ストレスに縁り、こと日本人に多く発生している疾患だといえます。 頸椎などが痛むヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」といい、背骨と背骨の間でクッションのような役割を持っている椎間板(ついかんばん)という柔らかい円形の線維軟骨がはみ出てしまった様子のことを表します。 AEDというのは医療資格を持たない方でも利用できる医療機器で、本体からの音声ガイダンスの通りに使うことで、心臓が細かく震える心室細動に対しての絶大な治療効果をみせてくれます。 ストレスがかかり、蓄積していく構図や、手軽で有用なストレスケア方法など、ストレスの詳しい知識を学ぼうとする人は、現時点ではさほど多くはありません。 ... Read More