にパソコンのモニターに釘付けになってしまい、眉間に…

もっと読む

無意識にパソコンのモニターに釘付けになってしまい、眉間に縦ジワを作り、さらに口角の下がったへの字(因みに私はこの形を別称「富士山ぐち」と言っています)をしていませんか?これはお肌にとって最悪です。 審美歯科(しんびしか)とは、美しさに主眼を置いた総合的な歯科医療分野のひとつ。歯の存在意義には咀嚼などの機能面と表情を明るくみせるなど審美的な一面があり、2つとも健康においては大切な要素だと考えられる。 化粧の短所:涙が出てしまうとあたかも阿修羅のような恐ろしい形相になる。ほんの少し多くなると下品になってしまい地雷になってしまう。顔の造りをごかますのにも骨が折れること。 ネイルケア(nail care)というのは、爪や指先のお手入れ全般を指す言葉。ヘルスケア、ビューティー、皮膚科の医療行為、生活の質の保全というような色々な捉え方があり、もはやネイルケアは一つの確立された分野となっているのは自明の理である。 メイクの短所:皮膚への影響。毎日するのは面倒くさくてたまらない。化粧品を買う費用がやたらとかさむ。物理的刺激で肌が荒れる。何度もメイク直しやメイクをするので時間の無駄遣いをしていると感じる。 明治時代の末期、異国から帰ってきた女たちが、洋髪、洋風のファッション、洋式の新しい化粧品・美顔術などを紹介した結果、これらをひっくるめた言葉として、美容がけわいに替わって使われるようになったのだ。 尿素(urea)の溶けた水とグリセリンにヒアルロン酸を添加した美肌水は皮ふに優しく、ドライスキンの方に効果的です。防腐剤や香料等使用していないため、肌の敏感な方でも使用できるのが特長です。 例を挙げれば…今、パソコンを見つめながら頬杖をついているのではありませんか?実はこれは手の力を最大限にほっぺたに与えて、繊細な皮膚に余計な負荷をかけることになります。 何はともあれ乾燥肌が生活や環境に深く関係しているのであれば、毎日の些細な癖に注意さえすればほぼ乾燥肌のトラブルは解決するでしょう。 動かずに硬直していては血行が滞りがちです。すると、目の下の辺りを始め顔中の筋肉の力が衰退します。そこで顔全体の筋肉もしっかりとストレッチをして、たまに緊張をほぐしてあげることをお勧めします。 よく聞くピーリングとは、時間の経ってしまった角質層を専用化粧品などでピール(peel: はぎ取るの意味)し、まだ若いきれいな角質層に入れ替えて、ターンオーバーを正常化する人気の美容法です。 乾燥による痒みの誘因の殆どは、老化に伴う角質の細胞間脂質と皮脂の量の低減や、ボディソープなどの過度の使用による皮膚のバリヤー機能の低落によってもたらされます。 細胞が分裂する活動を活性化して、肌を生まれ変わらせる成長ホルモンは昼間の勉強などの活動している際にはほぼ出なくて、夜にゆっくりと身体を休め寛いだ状態で分泌されます。 老けて見える顔のたるみは老廃物や余分な脂肪が滞留することで悪化します。リンパの流れが悪くなると色々な老廃物が溜まり、浮腫んだり、余った脂肪が付きやすくなり、たるみの要因になります。 頭皮は顔の肌に繋がっており、額まではスカルプに等しいものだとみなすことはさほど知られていません。老化に伴い頭皮が弛むと、その下にある顔の弛みの要因となります。 ... Read More