下腹部の疝痛が主訴となる主な病気には、大腸に憩室が…

下腹部の疝痛が主訴となる主な病気には、大腸に憩室が多発する大腸憩室症、石ができる尿路結石症、難病指定されている潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症や穿孔が起こる急性腹膜炎、卵巣の疾患等がみられるようです。

ハーバード大学医学部の研究によると、普通のコーヒーと比較して1日2杯以上カフェインレスコーヒーに変えると、直腸癌の発病リスクを約5割も減らせたらしい。

消化器科の領域である急性腸炎(acute enteritis)は、大多数が腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しの症状が出る程度で治まりますが、細菌感染が原因の場合は凄まじい腹痛・何度も繰り返す嘔吐・下痢の他に38℃以上の高熱が出るのが違いです。

高齢の人や慢性的な病のある方などは、殊更肺炎を起こしやすくなかなか治らないと言われているので、常日頃から予防する意識や早め早めの治療が重要なのです。

耳鳴りには性質の異なる2種類が存在し、本人しか聞こえないという「自覚的耳鳴り」と、血流の音などのように当事者以外の人にも性能の良いマイクロホンを利用すると感じることができるらしい「他覚的耳鳴り」とがあるのです。

なんとなく「ストレス」というのは、「溜めてはいけない」「取り去らなければいけない」と捉えがちですが、実の所、私たち人は日々ストレスを抱えるからこそ、活動することができています。

明るくない所では光不足のためものを見るのが難しくなりますが、更に瞳孔が開くので、目のレンズのピントを合わせるのに余計なパワーが必要になってしまい、結果的に明るい所でものを眺めるより疲れるのが早くなるのです。

ただの捻挫だろうと自己判断してしまい、湿布を貼って包帯やテーピングで患部を適当に固定し、様子をうかがうのではなく、応急処置が終わったらすぐに整形外科を受診することが、早く根治させる近道となるのです。

学校など大勢での集団行動に於いて、花粉症の為に皆と同様に明るく走り回ることができないのは、当事者にとっても腹の立つことです。

もしも検査で実際にエストロゲン・ゲスターゲンの分泌量が少なくてPOF(Premature Ovarian Failure)だと判明した場合、足りない女性ホルモンを補てんする治療で緩和が期待できます。

ポリフェノールで最も有名な特徴は水溶性のL-アスコルビン酸(ビタミンC)やV.E.(ビタミンE)などとは違っており、細胞の間の水溶性部分に脂溶性部分、そして細胞膜でも酸化を遅れさせる効果に優れています。

素人が外から眺めただけでは折ったのかどうか判別できない時は、怪我をしたところの骨を優しく指で触れてみてください。その部分に強い痛みが響けば骨折の疑いがあります。

汗疱状湿疹(汗疱)とは掌や足裏、または指と指の隙間などにプツプツとした細かな水疱が現れる病気で、基本的にはあせもと言われ、足の裏に出てくると水虫と思い込まれるケースもままあります。

吐血と喀血はどちらも口からの出血に変わりはありませんが、喀血というものは咽頭から肺を通る気道(呼吸器…respiratory system)から出血する症状で、吐血は無腸間膜小腸より上にある食道などの消化管から血が出る状態を表します。

ばい菌やウィルスなど病気を導く微生物が肺へ入り込んで罹患し、肺の内部が炎症を起こしてしまっている状況を「肺炎」と呼ぶのです。