むねやけが特徴の逆流性食道炎は、食事の欧米化やタバ…

むねやけが特徴の逆流性食道炎は、食事の欧米化やタバコを吸う事・嗜好品・体重過多等の生活習慣の質の低下、ストレスに縁って、こと日本人に増えつつある病気の一種です。

吐血と喀血、いずれも口からの出血に変わりはありませんが、喀血というものは喉から肺に達している気道(呼吸器…respiratory system)から出血することで、吐血は十二指腸より上にある食道などの消化管からの出血のことを表します。

悪性の腫瘍である女性の卵巣がんは、正常なら体をガンから守る役目を果たす物質を創造するための鋳型ともいえる遺伝子の異常が引き金となりかかってしまう病気だと言われています。

ちょっとした捻挫と勝手に決め込んで、湿布を貼って包帯やテーピングなどでとりあえず患部を固定し、様子をうかがうよりも、応急処置を施した後一刻も早く整形外科医に診察してもらうことが、根治への近道に繋がります。

お酒に含まれるアルコールを無毒化する効果のあるナイアシンは、不快な宿酔に効く成分です。辛い宿酔の誘因物質といわれるエチルアルデヒ(アセトアルデヒド)という化学物質の分解にも携わっているのです。

「体脂肪率」というものは、身体のなかの脂肪の占有する割合を指し、「体脂肪率(body fat percentage、%)=体脂肪の量(キログラム)÷体重(body weight、キログラム)×100」という計算式によって把握できます。

素人が外から見ただけでは骨折したのかどうかよく分からない時は、負傷してしまった所の骨を優しく触ってみて、そのポイントに激しい痛みが響けば恐らく骨折だと思われます。

日々繰り返される規則正しい暮らし、腹八分目を志すこと、持続可能なスポーツや体操など、アナログともいえる体についての取り組みが皮膚の老化防止にも活用されるといえます。

脂漏性皮膚炎というのは皮脂分泌の異常が主因で起こる発疹で、皮脂分泌の異常の因子としては性ステロイドホルモンの不均衡やナイアシンなどビタミンBコンプレックスの慢性的な不足等が注目されているのです。

エネルギーの源としてすぐに役立つ糖、新陳代謝に必要な蛋白質など、激しいダイエットではこういった体をキープするために絶対必要な栄養成分までもを減らしてしまう。

クシャミや鼻みず、鼻づまりや目の掻痒感・ゴロゴロする異物感などの花粉症の代表的な諸症状は、アレルギーの原因となる花粉の放出量に追従するかのように悪くなる特徴があると言われています。

もしも血液検査で残念ながら卵胞ホルモン・黄体ホルモンの分泌量が少なくて早期閉経だと分かったら、不足分の女性ホルモンを足してあげる処置で緩和できます。

AED(Automated External Defibrillator)とは医療資格を持たない人でも利用する事のできる医療機器で、機器本体から発せられる音声ガイダンスに沿ってケアすることで、心臓の心室細動の緊急処置の効果を患者にもたらします。

日本における結核対策は、昭和26年に制定された「結核予防法」にならっておこなわれてきましたが、平成19年から異なる感染症と一括りにして「感染症法」に沿って実行されることに決定しました。

フィトケミカル(phytochemical)のひとつであるスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれる有機硫黄化合物が、肝臓に存在する解毒酵素自体の生産活動を促進しているかもしれないという事実が見えてきました。